野菜が一番

「若いから大丈夫」
と自分に言い聞かせながら毎日楽しく気楽に適当に過ごしているのだが、こんな生活をしていると後で痛い目を見るのは確実だ。

私の知人に、何でも自分で調理してしまう人が居る。
本当に、ドレッシングは手作りですというレベルでなく、食材と調味料以外は何も買わないその人は、カレーを作るにしてもルー等入れないくらい手間暇をかける人だ。
漬物すらも、どれだけ良い漬物でも味付けが気に入らないといって、マンションの一室で徹底して作られていた。

もう私の祖父母を同じくらいになるその方が、先日転んだ拍子に肩を強打してしまい、骨にヒビが入ってしまった出来事があった。
利き腕じゃなかったのは幸いだが、ヒビなので本当に安静しないといけない日が続いたのだ。

しかし、やっぱり何でも自分でしないと気が済まない人だったので、駄目だと言われても動かしたりしていたのだが、驚いたことにその人はたった1ヶ月で重装備から軽装備へと変わったのである。
もう80歳を過ぎているのに、骨の回復が異様に早かったのだ。
それはもちろん、プロであるお医者さんも驚かせたほどだという。

たった2ヶ月で布きれ一枚だけの固定になり、今では不自由なく両手を動かしている。

こんなにも回復が凄かったワケは、毎日しっかり野菜を食べていたからだと念を押された。
野菜をたくさん摂ることで身体のバランスが徹底するんだと、若い食生活をしている私はお会いする度にこっぴどく叱られている。

以前から「ちゃんと野菜を食べなさい」と言われていたのだが、知人の骨折からの回復の早さを見ていると、本当にちゃんとした食生活を続けていたら、身体って造られるんだなぁと感じさせられた。
健康である第一歩は、若い内からの食生活が一番大事なのだ。

«
»