異なる生活志向

私たち夫婦って仲いいのかしら?それとも悪いのかしら?って子供に聞くと、必ず「仲いいと思うよ」と返してくれるのですが、それってとりあえず子供の目には円満に見えているということで一安心。

私達夫婦は13歳年が離れており、お互い子供の頃好きだったテレビ番組や歌手などは全く合わず、番組は再放送などで知っていても、歌手や曲名などは知らないことも多いんです。
結婚当初はそんな些細なことは何でもないと思っていましたが、会話が少なくなってきた結婚10年目頃には、相手の昔話が新鮮に感じないんです。
こちら側が機嫌が悪い時に、知りもしない昔のギャグなんか言われると腹が立っちゃって(笑)
幸い、私達夫婦には共通する趣味(仕事)があるので、その話をする時だけは意気投合。
その趣味(仕事)はパソコン関係なのですが、私はWEBデザイン、夫は設計の仕事。
同じパソコンを使う仕事でも扱う物が違うので、これまた話にならないように思われるでしょうが、電器屋に行けばパソコンを眺めてあれこれ言い合えるし、それぞれ分野が違ってもパソコンの話に興味を持って話を聞くことができる。
この共通の話題が夫婦円満の秘訣かな?
でもね、今までずっと波風立つことなく夫婦円満でいられたわけでないですよ!どの夫婦でも多かれ少なかれ喧嘩をすると思いますが、私たちもずいぶん喧嘩しました。
今思い返せば、13歳年上の夫が随分折れてくれた喧嘩だったかな?
これからも、お互いを思い合って夫婦を保っていけたらいいなって思います。

両親はデコボコ夫婦

私の両親はデコボコ夫婦です。
身長的な意味ではなくて、性格的な意味でデコボコです。
今回は、しっかりもののお母さんと、楽天的で呑気なお父さんについて書いてみようと思います。

私のお母さんはかなりしっかりした女性です。
小さいですが飲食店を経営しています。
お母さん曰く、「お父さんが頼りないから、何かあった時に家庭を支えられるようにと思って」とのこと。
お母さんのこの考え方が好きで、私も将来は何かしらの仕事をしながら結婚生活を送りたいと考えています。
旦那さんが失業したり、転職で上手くいかなかった時に、こんなはずじゃなかったと離婚してしまう女性もいるかと思います。
でも、「あんたがダメなら私が何とかするよ!」くらいの強さがあったほうが、人生も楽しいし、毎日が楽しいんじゃないかなと思います。
そう思わせてくれる人が私のお母さんでいてくれて嬉しいです。
お父さんの方は、最初に書いたとおりのんびり屋です。
ちょっと怠け者なところもありますが、ひょうきんでどうにも憎めないタイプの人です。
お母さんもよく「この人は放っておけない人なのよ」と言っています。
どうも父は得な性格をしているようですね。
でも、お父さんといると色んな事がなんとかなるような気がしてきます。
適当っていうと言い方が悪いけど、肩の力を抜いて、なるようになると開き直れるのは強いなと思います。
お父さんのある意味大胆なところは私も大好きな点の一つです。
デコボコ夫婦と書きましたが、そのデコボコが上手く噛み合っている良い夫婦だなと、我が両親ながら思います。

«
»